既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
閉じる
premium
プレミアム会員限定

欲求が生まれた時の対処 (後半)

この動画の概要

当事者向け講座(全5回):3回目
 
一般財団法人ワンネスグループ心理カウンセラーが欲求が生まれた時の対処について解説しています。
 
「欲求」には波がある事、その湧き上がる欲求にどう対処していくか?
今回は依存対象の使用した時の反応や感情を知り、対処する方法を解説していきます。
 
0:24 “プラスの結果”が長く続くことはない
0:28 ”マイナスの結果”は長期的に続く
1:50 ネガティブな感情を感じ、対処できる代案を探す
2:06 書き出して、いつでも見れる状態にする
7:20 欲求が出る時には、「脳の投げかけ」が起きている
9:00 マインドフルネスとは:どこか一つに意識を向ける
10:00 現れたら?気づき、呼吸に意識を向ける

 
第1回目 「依存対象の代わり」を考える
第2回目 トリガーを知る(前半)トリガーを知る(後半)
第3回目 欲求が生まれた時の対処(前半) | 欲求が生まれた時の対処(後半)
第4回目 再発の場面を学びにする
第5回目 万能な対処計画

 

出演者プロフィール

片桐 敦(かたぎり あつし)
一般財団法人ワンネスグループ 心理カウンセラー
 
学習塾での講師経験を経て、心理カウンセラーに。心理カウンセラー歴は17年。
クライアント向けのカウンセリング、心理学講座、また一般の方向けにアディクションカウンセラー講座などを担当。
心理療法(臨床心理)だけでなく、他の心理学の分野、脳科学など様々な方面から依存症回復支援のための具体的な方法論を初心者から、すでにプロで活躍している方にまで分かりやすく解説する指導が定評。

 

相談についてのお問い合わせ

依存かもしれないとお困りの「ご本人」へ |ワンネス財団
依存でお困りのご家族の方へ |ワンネス財団
仕事のなかで「依存の問題を抱えている方」と関わられている皆さまへ |ワンネス財団