既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
閉じる
premium
プレミアム会員限定

中高年による依存と傾向について

この動画の概要

中高年で依存の疑いがある方のご家族の方に向けた動画です。
よくある相談としてはアルコールやギャンブル・処方薬などが挙げられますが、中高年の当事者の方ならではの心理的特徴やその傾向などを過去の相談などを参考に説明していきます。
 
端的なポイント3つ
・様々な理由で起こる依存の問題
・否定・非難は逆効果
・適度な状態と依存状態の違い

【目次】
1:05 中高年の方に多いご相談とは?
1:14 退職後、ペットロス、様々な理由で依存症に
2:25 50代-60代のきっかけ “孤独感“や”悲しみ”
3:56 <中高年>手を差し伸べたくても、若い人以上に衝突が起きやすい?
4:30 ポイント① 否定・非難は逆効果。プライドを尊重
5:48 よくあるケース①感じていることをオープンにできない
7:53 適度な状態と依存状態:自分自身と周りを傷つけながら行為を行う

出演者プロフィール

真篠剛(マシノ タケシ)
ワンネス財団・相談担当・奈良県在住。
 
自身の依存脱却の経験を経て、現在は全国から寄せられる電話相談対応をメインに、家族会、セミナーなどの相談現場で「自身の経験」と「専門的知見」の両輪で解決の提案をしています。ギャンブル、ゲーム、薬物、アルコール依存など、対応してきた相談案件は、のべ1万件以上。

・国際問題ギャンブルカウンセラー
・ICCEリカバリーコーチ
・IC&RC認定カウンセラー

 

相談についてのお問い合わせ

依存かもしれないとお困りの「ご本人」へ |ワンネス財団
依存でお困りのご家族の方へ |ワンネス財団
仕事のなかで「依存の問題を抱えている方」と関わられている皆さまへ |ワンネス財団