既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
閉じる
会員限定無料配信

食べ過ぎてしまう心理的理由とは?

この動画の概要

 
このシリーズでは、身近にある、”ついつい”やりすぎてしまう…という行動をテーマに取り上げてその行動について解説していきます。
「食事の際に、気が付いたらついつい食べ過ぎてしまっていた」「食欲がないのに食べ始めたら止まらない」などの経験をされている方は多いかと思います。
そのついつい食べ過ぎてしまう行動について心理学的な観点から説明していきます。

 
【目次】
0:37 良く言われる食べ過ぎてしまうメカニズム
1:49 心理学的にはどのように言われているか?
2:33 一皿の量が少ないと目標が近いため食べきりやすい
4:10 小分けのパックは途中で止めやすいから良いのでは?
4:36 1つの素材をそのまま沢山食べるのは難しい
5:11 料理の食材の種類を少なくした方が食べ過ぎを防げる
5:48 食べ物を視野に入れない・時間を区切って食事する・決心を周りに伝えることが大切
 

出演者プロフィール

片桐 敦(かたぎり あつし)
一般財団法人ワンネスグループ 心理カウンセラー
 
学習塾での講師経験を経て、心理カウンセラーに。心理カウンセラー歴は17年。
クライアント向けのカウンセリング、心理学講座、また一般の方向けにアディクションカウンセラー講座などを担当。
心理療法(臨床心理)だけでなく、他の心理学の分野、脳科学など様々な方面から依存症回復支援のための具体的な方法論を初心者から、すでにプロで活躍している方にまで分かりやすく解説する指導が定評。

 

相談についてのお問い合わせ

依存かもしれないとお困りの「ご本人」へ |ワンネス財団
依存でお困りのご家族の方へ |ワンネス財団
仕事のなかで「依存の問題を抱えている方」と関わられている皆さまへ |ワンネス財団