既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
閉じる
会員限定無料配信

共依存の仕組みについて – 当事者と周りの家族・パートナー【Q&A短編 3】

この動画の概要

本シリーズでは、依存に関する問題でよく寄せられるご相談に短編動画でお答えしていきます。
今回のテーマは「共依存の仕組み」についてお話しします。

依存状態にある当事者とそのご家族の共依存関係は、非常に多く見受けられます。
そんな「共依存」を引き起こしてしまう要因は、大きく分けて3つあります。

1つ目 課題の分離ができていない事
2つ目 相手の人生を生きてしまっている事
3つ目 自分自身のケアができていない事

当事者の周囲の方からよくお聞きする、「当事者が依存行為をやめれば、私たち(ご家族)も平穏に幸せに生きられるのに」という言葉。
このように「〜がやめれば」という条件のもと自分たちの暮らしや幸せを定義している時点で、ある意味当事者に依存しているとも考えられます。

当事者を責めたくなる気持ち、反対になんとかしてあげたい気持ちももちろん理解できますが、
ご家族の方にまず最初に行っていただきたいのが「ご自身のケア」です。ご自身のケアの重要性についてもお話しします。

【Q&A短編シリーズ】

【1】どのように関わったらよいか
【2】当事者との関わり方ネーブリング(尻ぬぐい)
【3】共依存の仕組み
【4】家族間で足並みが揃っていないケース
【5】仕事を辞めずに治療に取り組む
【6】「まずは自分のケア」をお勧めする理由
【7】依存行為を辞めさせたい
【8】借金問題について
【9】暴言・暴力にどう対応していくか
【10】当事者の生きづらさを知る

 

出演者プロフィール

川端 理之(カワバタ マサユキ)
ワンネス財団 一般社団法人GARDEN奈良 ディレクター

18歳から薬物の乱用が始まり、大学卒業後には東証一部上場大手企業に就職。一度は薬物を断つが27歳の時に再発。
その後依存行為を繰り返し会社を退職するが、ワンネス財団入所施設で自分の生き方と向き合う。
現在は主に一般社団法人GARDENで入所者の支援、その他にも薬物乱用防止の講演会、メディアからの取材等の活動を行っている。

・リカバリーダイナミクスプログラム認定プロバイダー

 

相談についてのお問い合わせ

依存かもしれないとお困りの「ご本人」へ |ワンネス財団
依存でお困りのご家族の方へ |ワンネス財団
仕事のなかで「依存の問題を抱えている方」と関わられている皆さまへ |ワンネス財団